湘央学園|湘央生命科学技術専門学校応用生物科学科看護コースの在校生メッセージ

わたしの学び[在校生]

実習の学びを重ねるほどに、
			「考える力」が伸びてきたと感じます。

  • 応用生物科学科 動物看護コース1年
  • 穂積 星奈さん
  • 神奈川県立大和南高等学校出身
インタビュー
  • 動物看護師を目指そうと思ったきっかけは?

    子どもの頃から続けてきたピアノと、子どもの頃から好きだった動物。どちらかに関連する専門職の道に進みたいと考えていましたが、ペット市場が伸びていて将来性も期待できる動物看護師を選びました。将来結婚や出産をしても続けられるところにも魅力を感じました。

  • 湘央学園に決めた理由は?

    実家のある神奈川県で唯一の職業実践専門課程認定校であることと、少人数制の学習環境であることです。通学に時間をかけたくなかったので、実家から通える範囲で動物看護についてしっかりと学べる学校だということが決め手になりました。

  • 入学してから自分が成長したと思ったことは?

    やはり動物の正しい扱いに慣れたことです。動物は好きなのですが、家の環境上、犬や猫とは暮らせず、ハムスターを飼ったことがあるくらいでした。湘央学園の実習や飼育当番を通じて、動物がどんな時にどのような行動をすることが多いか、生態を理解できるようになったと思います。

  • 湘央学園のよいところは?

    実習が充実していることと、少人数で学べる環境です。数多くの実習を通して、受け身でなく自分で考えて行動できるようになってきました。先生のご指導が行き届いているのもよい点です。困っているとすぐに声をかけていただけますし、わからないことは丁寧に教えてもらえるのでありがたいです。

  • 日々の学習で心がけていることは?

    とにかく毎日の授業の内容を、抜け落ちがないよう確実に理解することです。わからない内容があった時や、正しく理解できているか自信がない時は、授業後、すぐに先生に質問に行きます。教えていただいたことを自分でも確認し、曖昧な部分を残さないようにしています。

  • 将来の夢を聞かせてください。

    高度な専門知識と技術を求められる「二次診療」(※)を担う動物病院で仕事をすることが夢です。そのためのステップとして湘央学園で学んだ後は、まず一定以上の規模のある病院で、幅広い業務を経験しようと考えています。動物と飼い主に寄り添いながら適確な対応ができる動物看護師になりたいです。 かかりつけ医からの紹介状で診療を受け付け、高度・専門的な医療行為を提供すること。

  • わたしのマストアイテム

    トリミングセット

    入学後、グルーミング実習で使うトリミングの道具を一式購入しました。自分の道具だと思うと愛着を持って使うので、トリミング技術の上達も早い気がします。
  • タイムテーブル

    忙しい方が楽しい。自宅学習を確保しつつ、
							アルバイトと楽器の練習時間もつくる。

    自分は暇な時間が多いよりも忙しいのが向いているので、勉強は大変ですが、アルバイトや楽器の練習時間もつくっています。アルバイトは高校から続けているレストランのキッチンを週4回やっています。ピアノは以前より練習頻度が落ちましたが、師事している先生のレッスンを定期的に受けています。ほかに時々ビオラの演奏もやります。

お問い合わせ 0120-77-1975(進学相談専用)e-mail:admission_office@sho-oh.ac.jp

応用生物科学科 動物看護コース

  • 資料請求
  • LIVE! SHO-OH
  • 数字で見る湘央学園の実績
  • 生命を見つめ生命を救うスペシャリストへ。
  • Blog 臨床検査技術学科
  • Blog 応用生物科学科
  • Blog 救急救命学科

ページのトップへ