湘央学園|湘央生命科学技術専門学校応用生物科学科看護コースの在校生メッセージ

わたしの学び[在校生]

夢中になれる授業や実習の体験から
            自分の考えで、積極的に学ぶように。

  • 応用生物科学科 動物看護コース2年
  • 川瀬 爽さん
  • 長野県大町高等学校(現・長野県大町岳陽高等学校)卒業
インタビュー
  • 動物看護師を目指そうと思ったきっかけは?

    中学2年生の頃、私が生まれる前から家にいた犬が病気で死んでしまいました。犬の変化に気づくことができず、早く病院に連れて行けなかった。それがきっかけで動物の健康状態についての知識を持ちたい、そして動物関係の仕事に就きたいと思うようになりました。

  • 湘央学園に決めた理由は?

    高校3年生のときに塾の先生に紹介してもらいました。学校へ行ってみて静かな雰囲気がいいなと思いました。一番の決め手は、動物看護師の養成学校で認定動物看護師の合格率が高いことです。

  • 入学してから自分が成長したと思ったことは?

    特に実習などでは、自分から積極的に動く姿勢が出てきたと思います。今まではそういうことはあまり得意ではなかったのですが、グルーミング実習などで犬を保定したりすることも回数を増やしていかないとレベルアップできないので、できるだけ積極的に取り組むようにしています。

  • 湘央学園のよいところは?

    先生が、一人ひとりの質問や意見を丁寧に聞いてくださって、その答え以上のことを返してくれることと、資格試験の合格率の高さです。あとは、学校で飼育している犬や猫と触れ合える時間がたくさんあるのが良いですね。飼育当番のときや、学校の休み時間、放課後などもみんなで遊びに行っています。

  • 日々の学習で工夫していることは?

    覚えられないときは絵を描いています。例えば、動物の全身の骨格を描いて、骨の名前を書き込こんだり。自分がわかりやすいような絵にすると覚えやすいです。

  • 将来の夢を聞かせてください。

    動物看護師を目指していますが、ほかにも動物に関われて、勉強したことを役立てられる仕事ならやってみたいです。今少し考えているのが、他の国に行って新しい知識を増やしたいということ。動物医療については外国の方が進歩しているので、先進の知識を学んでみたいという気持ちもあります。

  • わたしのマストアイテム

    付箋

    大切だなと思ったらすぐ貼ります。絶対重要で覚えなければいけないところは紫、覚えておくと役立つところは赤、復習が必要なところは青系と色分けしています。
  • タイムテーブル

    限られた時間をうまく使う工夫は
                            面倒くさいと思う前にやること。

    アルバイトがある日は帰宅が遅いのであまり勉強できませんが、ない日は夕方6時くらいから自由なので、1時間以上は勉強するようにしています。覚えることが多いので、その日の復習を重視して知識を定着させます。勉強でも何でも面倒くさいと思う前にやることですね。映画が好きなので、時間があるときは友達と映画を観に行ったり、借りてきたDVDを観賞して気分転換します。

お問い合わせ 0120-77-1975(進学相談専用)e-mail:admission_office@sho-oh.ac.jp

応用生物科学科 動物看護コース

  • 資料請求
  • LIVE! SHO-OH
  • 数字で見る湘央学園の実績
  • 生命を見つめ生命を救うスペシャリストへ。
  • Blog 臨床検査技術学科
  • Blog 応用生物科学科
  • Blog 救急救命学科

ページのトップへ