湘央学園|湘央医学技術専門学校臨床検査技術学科の紹介

臨床検査技術学科 [3年制][入学定員80名]

病気の早期発見、健康維持につながる生体情報を得るための検査・分析のスペシャリストを育成します。

さまざまな生体情報を得るための「臨床検査」には、生化学検査、病理学検査、免疫学検査、生理機能検査、微生物検査といった多くの分野があり、検査項目は1,000種類以上になります。検査によって得られたデータは、高度化した現代医療においては治療を進めるにあたって不可欠なものです。こうした検査の現場で活躍するのが臨床検査技師であり、そこで求められるのは確かな医療知識と検査技術はもちろん、深い洞察力や高い倫理観といった人間性です。
臨床検査技術学科では、臨床検査技師の資格を取得し、医療の現場で活躍できるだけの知識と技術を実践的な学びで身につけ、同時に豊かな人間性を育みます。そのために教員たちは全力を注ぎ、すべての学生が社会に出て即戦力として活躍できるよう指導しています。

臨床検査技師とは
現代のチーム医療に欠かせない医科学的検査の専門家です。

「臨床検査」とは、診療の手がかりにするために、血液や尿などの材料から専門的な機器を使用して情報を得たり、心電図や脳波のように直接生体から情報を得るための医科学的検査のことをいい、この検査を担当するのが国家資格を取得した「臨床検査技師」です。

お問い合わせ 0120-77-1975(進学相談専用)e-mail:admission_office@sho-oh.ac.jp

臨床検査技術学科

  • 資料請求
  • LIVE! SHO-OH
  • 数字で見る湘央学園の実績
  • 生命を見つめ生命を救うスペシャリストへ。
  • Blog 臨床検査技術学科
  • Blog 応用生物科学科
  • Blog 救急救命学科

ページのトップへ