湘央学園|湘央生命科学技術専門学校応用生物科学科バイオコースの在校生メッセージ

わたしの学び[在校生]

知識と実技を頻繁に行き来する学びで、
			基礎の定着と応用力が同時に鍛えられています。

  • 応用生物科学科 バイオコース1年
  • 新垣 美智子さん
  • 神奈川県立相模田名高等学校出身
インタビュー
  • バイオに興味を持ったきっかけは?

    小学校の頃から理科が好きで、高校では特に生物が得意科目でした。高校3年生で進学先を考える際に、自分の好きなこと、得意なことを活かせる分野として、バイオに注目しました。

  • 湘央学園に決めた理由は?

    大学進学も検討しましたが、オープンキャンパスや個別での見学、体験授業を通じて、実習回数が豊富で内容も充実しており、2年間でしっかり知識と技術を身につけられると感じ、湘央学園を選びました。

  • 湘央学園のよいところは?

    やはり実習が多いことです。基本的な操作の反復の中で、着実にレベルアップしていることを実感しています。また、実習と(座学の)授業がセットになっていることが多いので、知識と実技が紐づいている感じがします。知識を応用したり結果を見て自分なりに考察したりと、より深い学びができています。

  • 目指している資格取得は?

    1年生のうちに毒物劇物取扱者と危険物取扱者の試験に挑戦し、資格取得できたことが自信になりました。どちらも化学の知識が必須ですが、入学時、化学には少し苦手意識を感じていました。先生に基礎から丁寧に教えていただき、不安がなくなったのがよかったです。2年生では、実験動物二級技術者の試験に挑戦したいと考えています。

  • 日々の学習で工夫していることは?

    工夫と言えるかわかりませんが、見たものを絵にするようにしています。元々絵を描くのが好きなのもありますが、見たものをスケッチして表すことで、不思議と頭の中の記憶によく残るような気がします。特に微生物学などの実習では、微生物の形態をスケッチする機会が多いですね。

  • 将来の夢を聞かせてください。

    製薬会社で、創薬の仕事に携わりたいと考えています。自分が取り組む実験や分析が、病気で苦しんでいる患者さんの治療、治癒につながる薬の開発に貢献できたら嬉しいです。それと、今学んでいる授業では、実験動物の分野に関心があるので、そうした知識と技術を高めて、将来活かせたらいいなと思っています。

  • わたしのマストアイテム

    単語集

    市販のものではなく、自分でつくったものを使うようにしています。覚えやすいよう単語の解説などをまとめていくのも勉強になります。資格試験前には持ち歩くのにちょっと苦労するくらい分厚くなりました。
  • タイムテーブル

    帰宅後、4時間レポート作成に費やすことも。
							休憩を取って、リフレッシュも忘れず。

    通学にかかるのは、だいたい1時間です。学校では授業に集中して取り組んでいますが、帰宅してからも復習やレポート作成に結構時間をかけています。特に1日に2つ実習がある日は、4時間以上レポートを書くこともあります。ただ、気分転換もしないと続かないので、好きな音楽を聴いたり、家族団らんの時間も大事にしています。

お問い合わせ 0120-77-1975(進学相談専用)e-mail:admission_office@sho-oh.ac.jp

応用生物科学科 バイオコース

  • 資料請求
  • LIVE! SHO-OH
  • 数字で見る湘央学園の実績
  • 生命を見つめ生命を救うスペシャリストへ。
  • Blog 臨床検査技術学科
  • Blog 応用生物科学科
  • Blog 救急救命学科

ページのトップへ