湘央学園|湘央医学技術専門学校臨床検査技術学科の在校生メッセージ

わたしの学び[在校生]

理系でなくても大丈夫、
            人間の体の知識に興味が尽きない。

  • 臨床検査技術学科1年
  • 遠藤 菜々子さん
  • 神奈川県立平塚農業高等学校出身
インタビュー
  • 臨床検査技師を目指そうと思ったきっかけは?

    高校1年の頃から将来は人の命を助ける医療系の仕事に就きたいと思っていたのですが、進路を決める高校3年のとき担任の先生から「医療系なら臨床検査技師もある」と助言をいただき、この学校を紹介されました。私は3歳の時から心電図を年に1回取っているのですが、その検査も臨床検査技師がやっていたんだ!とわかり、それがきっかけになりました。

  • オープンキャンパスに参加されたそうですが、どうでしたか?

    エコー検査の体験授業が楽しかったです。病院で臨床検査技師長をされていた先生が教えてくださり、医療現場の興味深い話も聞けました。ナビゲーターとして案内してくれた在校生と先生との関係がアットホームな雰囲気で、勉強しやすそうな学校という印象を持ちました。

  • 高校のとき理系科目は得意でしたか?

    私は農業高校の出身で、生物基礎などはありましたが、理系科目はあまり履修していませんでした。でも、ここでは先生がわかりやすく教えてくださるので、今は授業がとても楽しいです。これから入学を考えている人は、高校の専攻や履修科目は気にしなくていいと思います。やる気があれば大丈夫ですよ。

  • 学校生活で楽しいことは?

    今は新しい知識や経験ばかりなので何をやっても楽しいですが、特に実習が楽しいですね。一般検査学実習で、自分の尿をいろいろな状態にして検査したのが印象深いです。病院で働いた経験のある先生の現場の話を聞くのも楽しい。臨床検査技師が病院で働いているところは普段そんなに見ることができませんから。

  • 臨床検査技師の国家試験の準備は?

    今はまだ何もやっていません。2年生になると実習がものすごく増えて、課題もレポートも大変なことになりそうですが・・・、頑張って勉強していきます。

  • 将来の夢を聞かせてください。

    臨床検査技師の仕事は検体検査と生理検査の2つに大きく分けられますが、将来は生理検査の方に進みたいと考えています。生理検査では患者さんに直接ふれあうことができるので、患者さんの不安を和らげるように明るく対応できる臨床検査技師になりたいと思っています。

  • わたしのマストアイテム

    消せるボールペン

    鉛筆よりも色が濃いから見やすいし、間違えたらすぐに消せるのが便利。みんなも使っています。メモなどをサッと書くときに便利ですね。今、5色のペンを使い分けていますよ。
  • タイムテーブル

    アルバイトのない平日は、
                            気が向けば勉強、気が付けば2時間。

    授業は9時からなのですが、電車の本数が少ないので、家を6時半に出て、8時半には学校に着きます。もし電車が遅延したりしたら困るので、家を早めに出るようにしています。帰宅は、アルバイトのない平日は18時くらい。帰宅後の勉強は、気が向けば(笑)2時間くらいすることもあります。

お問い合わせ 0120-77-1975(進学相談専用)e-mail:admission_office@sho-oh.ac.jp

臨床検査技術学科

  • 資料請求
  • LIVE! SHO-OH
  • 数字で見る湘央学園の実績
  • 生命を見つめ生命を救うスペシャリストへ。
  • Blog 臨床検査技術学科
  • Blog 応用生物科学科
  • Blog 救急救命学科

ページのトップへ