湘央学園|湘央生命科学技術専門学校救急救命学科の紹介

救急救命学科 [3年制][入学定員40名]

一刻を争う救急救命の現場。冷静な判断力と責任感、高度なスキルを持った救急救命士を育てます。

近年では医療の進歩はますます目覚しく、事故等で大きな怪我をされた方に対する救急医療も格段に進歩を遂げています。しかしながらそうした状況にあっても、初期段階で有効な救命処置ができるかどうかによって、救命率は大きく左右されるのが現実です。救急現場や救急車の中で大切な命を守る役割を果たす「救急救命士」。現在では、電気的除細動、気管挿管、薬剤投与など、救急救命士が行うことのできる医療行為は広がり、その期待と責任はますます増大しています。湘央学園では、救急救命の現場を知る講師の指導のもとで、高い志とスキルを持つ専門職業人を救急現場に送り出しています。

臨床検査技師とは
「救急救命士」は、特定の養成機関でのみ取得できる国家資格であり、救急隊の中に常時1名確保することが国の目標となっています。

「救急救命士国家試験」の受験資格は法で定められた「救急救命士養成所」で必要な課程を修了した者にのみ与えられます。本学の救急救命学科は厚生労働大臣指定の養成所として本州で最初に認定された歴史があります。

お問い合わせ 0120-77-1975(進学相談専用)e-mail:admission_office@sho-oh.ac.jp

救急救命学科

  • 資料請求
  • LIVE! SHO-OH
  • 数字で見る湘央学園の実績
  • 生命を見つめ生命を救うスペシャリストへ。
  • Blog 臨床検査技術学科
  • Blog 応用生物科学科
  • Blog 救急救命学科

ページのトップへ